フォトモザイクチャレンジ 幅3メートル、高さ2メートルのフォトモザイク


フォトモザイクの作り方まとめ


幅3メートル、高さ2メートルのフォトモザイクを手作りする方法を提案します。


 学校での文化祭展示としてフォトモザイクを作成する場合、3メートル×2メートルのサイズに需要があるようです。 教室に展示するのにちょうど良いサイズなのでしょう。 このページでは、デジカメまとめてフォトモザイク、およびモザイクアート手造り工房を使用し、3メートル×2メートルの手造りタイプのフォトモザイクを作る場合の具体的な設定値を示します。

 デジカメまとめてフォトモザイクの設定値を考えます。

(例1)一コマのサイズを5cm×3.3cmとする。
背景画像の横縦比3:2
コマ画像の横縦比3:2
フォトモザイクサイズ3000mm×2000mm
一コマのサイズ50mm×33mm
幅方向のコマ数3000mm÷50mm=60コマ
高さ方向のコマ数2000mm÷33mm=60コマ
全コマ数60×60=3,600コマ

 縦横60コマというのはややコマ数が不足しているように思いますが、この場合のデジカメまとめてフォトモザイクの設定値は以下のようになります。

解説画像231

解説画像232

 ポイントとなるのは、コマ画像のサイズを背景画像の60分の一にすることです。 背景画像のサイズはいくらに設定してもよいのですが、わかりやすくするために、3000×2000としました。 コマ画像のサイズはその60分の一ですから、50×33となります。

 コマ画像のサイズが50ピクセルでは小さすぎるのではないかと思われるかもしれませんが、 それは勘違いです。写真を並べて作る手造りフォトモザイクの場合は、デジカメまとめてフォトモザイクで全コマを補正して保存 とすれば、コマ画像は元の解像度で保存されます。したがって、コマ画像のピクセルサイズの大きさは気にせず、フォトモザイクのサイズとの 比率を重視してください。今回の場合は60分の一です。

 それではこの設定値でフォトモザイクを作り、コマ画像を全コマ保存しましょう。

「全コマを補正して自動保存」とすると・・・

解説画像1
フォトモザイクの設定値は上記の例と異なります。上記の設定値でフォトモザイクを作った場合、縦横60コマですから もっと粗いフォトモザイクとなります。



コマ画像は、行ナンバーを示す数値が名称となったフォルダに整理され保存されるのでしたね。

解説画像2
フォトモザイクの設定値は上記の例と異なります。上記の設定値でフォトモザイクを作った場合、縦横60コマですから フォルダは000から059までとなります。



そして、フォルダ内のファイルの名称は、コマ画像の位置を示してるのでしたね。

解説画像3

 では、これらのコマ画像をモザイクアート手造り工房でL版の写真サイズにレイアウトします。 今回のモザイクアート手造り工房の設定値は、以下のようにします。

解説画像4


 一コマ50㎜×33㎜ですからL版の写真一枚にはコマ画像2枚がレイアウトされ、このようになります。

解説画像50

 これを一コマずづ切り取って貼り付けていけば3メートル×2メートルのフォトモザイクが完成します。全コマ数は3,600コマと多く感じますが、ルートをとれば 縦横それぞれ60コマです。コマ数が少ないので、少し物足りないフォトモザイクとなりそうです。

 経費のことも考えておきましょう。コマ画像が3600枚で、L版の写真一枚に2コマレイアウトされていますから、L版の写真が1800枚必要になります。 写真一枚10円でプリントできるとして、18,000円です。これにデジカメまとめてフォトモザイクとモザイクアート手造り工房の代金が必要になります。



 次に、一コマのサイズを2cm×1.5cmとした例を示します。

(例2)一コマのサイズを2cm×1.5cmとする。
背景画像の横縦比3:2
コマ画像の横縦比4:3
フォトモザイクサイズ3000mm×2000mm
一コマのサイズ20mm×15mm
幅方向のコマ数3000mm÷20mm=150コマ
高さ方向のコマ数2000mm÷15mm=133コマ
全コマ数150×133=19,950コマ


 この場合、デジカメまとめてフォトモザイクの設定はこのようになります。
 フォトモザイクのサイズが3m×2mですから、拡大後の画像サイズを3000×2000とし、 一コマの画像サイズを20×15とします。 この設定例では1ピクセルを1㎜で換算しています。

解説画像235


 モザイクアート手造り工房の設定値は以下のようになります。 キャンバス設定のピクセルサイズは、大きくすると解像度が上がりますが、 初期設定のままでも解像度600dpiですから、写真にプリントするのに十分な解像度です。 初期設定の3000×2102のままとします。
 コマ写真設定の長辺サイズを20とします。

解説画像236


 一コマ20㎜×15㎜ですからL版の写真一枚にはコマ画像16枚がレイアウトされ、このようになります。

解説画像20

 これを一コマずづ切り取って貼り付けていけば3メートル×2メートルのフォトモザイクが完成します。全コマで19,950コマですから、作業は大変ですが 完成度の高いフォトモザイクになると思います。

 必要な写真枚数を計算しましょう。一行が150コマで、L版の写真一枚あたり16枚レイアウトされていますから、一行あたりL版の写真10枚です。 133列ですから、全部で1330枚のL版写真が必要になります。一枚10円でプリントできるとして13300円です。






全コマ異なる写真を使用したフォトモザイクの作り方


 3m×2mの大きさで手作りタイプのフォトモザイクを作る場合、全ての写真がバラバラのフォトモザイクを作ることができたなら面白いですよね。
 デジカメまとめてフォトモザイクのバージョン1.10.0.0以降(2016年8月以降のバージョン)を使用すれば全コマ異なる写真を使用したフォトモザイクを作ることができます。 詳細は以下の動画を参照してください。









ホームへ戻る