ホーム
アコウ釣り
マゴチ釣り
紀州釣り
落とし込み釣り
カゴ釣り
かかり釣り
渚釣り
遠矢浮き釣り

遠矢ウキ・波止からの超遠投クロダイ釣り

遠矢釣法


 遠矢釣法とは、遠矢ウキというウキを使ったクロダイの釣り方です。 特徴は、堤防から30m以上遠投して釣ることで、普段手付かずのポイントを直撃することにあります。 これにより、釣られ慣れていないクロダイを狙うことができますから、周囲の釣り人が堤防際を攻めていて全く釣れない状況でも、よく釣れます。







遠矢ウキおすすめのモデルは?


 遠矢ウキの種類は多く、さまざまなモデルが発売されており、 どれを選べばよいのか迷ってしまいますが、 堤防からクロダイを釣るのであれば、 私は、 深場には、 超遠投(小)の0.8号、 浅場には 遠矢チヌスペシャル400-8のB , 3Bを使用しています。 また、近投で釣る場合には 遠矢チヌスペシャル300-8 を使う場合もありますが、めったに使いません。

 写真の上から順に、300-8 , 400-8 , 400-8 ,超遠投(小), 300-8のトップ , 400-8のトップ , 超遠投(小)のトップです。

 超遠投(小)と400-8の違いは、全長と径の太さ、トップのカラーリングの幅です。 超遠投(小)がウキの全長が長くて径も太く、遠投に適した形状となっています。 トップも長さやカラーリングの幅か異なっており、超遠投(小)の方が長いトップで大きなメモリですから視認性はよろしい。 逆に、遠矢チヌスペシャル400-8のトップのほうは、小さなトップで残浮力が小さく、メモリの幅がやや細かいですから、小さなあたりがとりやすい構造となっています。 遠矢さんのおすすめは、超遠投(小)の本体に400-8のトップを装着することだそうですが、 私としては、超遠投(小)で遠投した場合にどうもトップが見にくく感じてしまうため、超遠投(小)の本体に 超遠投(小)のトップを装着することが多いです。


本体とトップの接続部分はこのようになっています。超遠投(小)、400-8、300-8のトップには互換性があります。 小さなトップのほうが細かい当たりを取りやすいのですが、視認性が低下しますから、 風や波高、遠投距離で使い分けます。

遠矢うき【遠矢チヌSP400-8用トップ】
価格:1339円(税込、送料別)







遠矢ウキの使い方


 さてここまでの説明でお分かりのとおり、遠矢ウキは棒ウキの一種なのですが、もっともお勧めの超遠投(小)は、とても長く、90センチぐらいあります。 遠矢ウキは 一般的な棒ウキとは異なり、 トップのおよそ三分の一を海面下に沈めて使用します。 そうすることで、 ウキの残浮力が少なくなりますから、あたりが大きく出るのです。

 トップの三分の一を海面下に沈めるためには、オモリの微調整が必要になります。遠矢ウキは、ウキ本体に記載されているオモリを そのまま装着するのではなく、オモリの微調整が必要となります。0.8号のウキだがら0.8号のオモリを付けるのではなくて、4Bを3個とBを2個とか、 4Bを3個とBを1個とか、釣り場の状況に合わせて微調整をするのです。塩分濃度や海流の状態、あるいは使っている道糸やハリ、サルカンや餌の 重さによってオモリを調整しましょうということです。


このようにガン玉を組み合わせてオモリ負荷を調整します。



この状態ではオモリ負荷が不足しています。もう少しガン玉を付け足す必要があります。



適正な状態です。






タックル


   遠矢さんの竿は、銀狼王牙0.6号(ダイワ(Daiwa) 銀狼王牙 AGS 0.6号-53) だそうですが、私は、ルネッサドライ1号 です。 ウキが大きく重いのと遠投が魅力の遠矢釣法ですから、竿はやや硬めにのものを使用しています。 中通しの竿のほうが竿先の糸がらみのトラブルがなく、ストレスなく釣ることができますので、私はインターラインを好んで使用しています。

 インターラインの欠点としては準備が面倒で、糸がなかなか通らないということが、かつてはあったのですが、DAIWAのニュー一発糸通しなら、 確かに一発で糸が通りますから、ストレスフリーです。

 リールは、大き目のものを使ったほうがいいと思います。遠矢釣法は遠投しますから、糸の巻き上げスピードが速いほうが良いと思うからです 私はダイワの4000番のリールを使っています。






小物類


  遠矢スベイルが必要です。必須じゃないのですが、これを使うことで、シモリ玉無しのウキ止め糸だけでウキを止めることができます。使いましょう。

遠矢スベイル
価格:356円(税込、送料別)







エサ


 撒き餌は、遠投できて、一箇所にとどまるタイプが必要です。クロダイは海底付近で捕食する魚ですから、海底に撒き餌を留めてやる必要があります。 配合は、こんな感じです。



0.5袋 重量があり、海底にとどまる。

1袋 高集魚性

0.5袋 シャク離れ性改善のため



 これを超遠投します。もちろん超遠投用の撒き餌シャクが必要です。
 釣り場に着いたら、まず撒き餌を準備し、すぐに餌を撒き始めます。その後、おもむろに仕掛けの準備に取り掛かり、 オモリの微調整や、ウキ下の調整をじっくりと行った後、 釣り始めると、 すぐに釣れます。

 刺し餌はオキアミです。






くわせダンゴ


 遠矢釣法のバリエーションとして、くわせダンゴ釣法があります。 ダンゴのクロダイ釣りといえば紀州釣りを連想しますが、まったく違います。 紀州釣りのダンゴは常に海底にあり、刺し餌がダンゴから出てからあたりを取るのですが、 くわせダンゴ釣法のダンゴは、海底にあるわけではなく、ウキの浮力に乗り海中を漂っていて、 練り餌に近い感覚で使用できます。

 実際には、投入が難しく、私の場合は二回に一回はダンゴが外れてしまいます。竿が硬いとうまく投入できないようです。



これがくわせダンゴ。



このように、オキアミを包み込む形で丸く固めます。









魚拓の採り方を紹介します。


  デジカメ写真からこのような魚拓風画像を作ることができます。 ふじまろイメージはもともと画像処理を紹介するウェブサイトです。 釣りと画像処理を融合させるとこのような魚拓を作ることができます。


パソコンで作るチヌ(黒鯛)の魚拓