home ・ photomosaic ・ software ・ くっきりんこ ・ fishing ・ access ・ mail

フォトモザイクの作り方まとめ


 ふじまろイメージでは、さまざまなタイプのフォトモザイクアートの作り方を解説しているのですが、ページの整理が悪くわかり難いようです。 このページで整理してみました。
 フォトモザイクのタイプごとに作り方を解説します。

エクセルで作るドット絵タイプのモザイクアート
高校生の文化祭展示に有効な方法です。デジカメまとめてフォトモザイクでCSV形式のファイルを作り、これを元にエクセルで編集します。エクセルで色付けまですれば印刷するだけで完成しますし、エクセルで色の配置のみを記載しておいて手作業で色を塗っていくこともできます。
エクセルVBAでセルを塗り潰す例解説ページ
印刷した升目を色鉛筆で塗り潰す例解説ページ
エクセルで作るドット絵タイプのモザイクアート画面
ドット絵タイプモザイクアート、色鉛筆



小さく印刷した写真を一枚一枚並べて貼り付けるタイプのフォトモザイク
高校生の文化祭展示、友人へのプレゼントに有効な方法です。制作にとても時間と手間がかかるのですが、その分インパクトの強いフォトモザイクとなります。
基本的な解説解説ページ
3m×2mの設定例解説ページ
A1サイズの設定例解説ページ
小さく印刷した写真を一枚一枚並べて貼り付けるタイプのフォトモザイク



一コマ一コマのサイズ、透過度が異なるタイプのフォトモザイク
コマ写真が少なく、同じような写真しかない場合でも再現性の良いフォトモザイクアートにすることができます。お子さんの運動会や野球の試合の様子など、ほとんど同じ色の写真しかない場合に有効な方法です。
基本的な解説解説ページ
A1ポスター作成例(野球)解説ページ
A1ポスター作成例(バレーボール)解説ページ
一コマ一コマのサイズ、透過度か異なるタイプのフォトモザイク
A1ポスター、野球
A1ポスター、バレーボール



数メートル×数メートルのサイズに印刷するタイプのフォトモザイク
とてつもない高解像度のフォトモザイクアートをプリントすることができます。せっかく作ったフォトモザイクも、大きく引き伸ばしてプリントした際に細部までくっきりと表現できていないと残念ですよね。ここで紹介する方法であれば細部までくっきりしたフォトモザイクを作ることができます。自宅での作業であればA4プリントをつなげることで数メートルサイズが作成できますし、サイン看板用途であれば大判インクジェットプリンターで印刷することで対応できます。
基本的な解説解説ページ
一万枚のコマ写真を使用する例(一回目の実施例)解説ページ
一万枚のコマ写真を使用する例(二回目の実施例)解説ページ
数メートル×数メートルのサイズに印刷するタイプのフォトモザイク
写真一万枚フォトモザイク
写真一万枚フォトモザイク(2回目)



10万枚の写真から作るフォトモザイク
コマ画像の枚数の限界を確認してみました。
約1万2千枚の写真を9回繰り返し使用する例(一回目の実施例)解説ページ
約10万枚の写真を1回だけ使用する例(二回目の実施例)解説ページ
写真10万枚で作るフォトモザイク(1回目)
写真10万枚で作るフォトモザイク(2回目)